集団訴訟を防ぐ為のエスケイ通信の取り組み

顧客ひとりひとりにおけるカスタマーサービスについて重要視される現代において、エスケイ通信は集団訴訟対策についても取り組んでいます。訴訟に至るには決定的な理由があり、それが何人もの顧客に渡って広く発生している事がきっかけとなります。そういった事が起きないように、企業として普段から行っていくべき取り組みをご紹介します。

まずは具体的な記録です。海外とは違い、日本では集団で訴訟を起こす事そのものに一定の制限があります。そのうえで訴訟が起こるのであれば、企業側と顧客の間の契約に問題が発生している場合があります。最初に、契約の書類についてはきちんと定期的な見直しをし、法的な部分についても問題がないのか専門の知識や資格を持つ相手にも確認をしてもらいます。また、訂正についてはどの部分をどのように訂正したのかも記録として残すようにします。そうすれば書類についての指摘について対応できます。次に契約そのものについても、そこに至るまでの経緯や状況を記録として残すようにします。契約の日時はもちろん、どういった資料などを使って説明を行ったのかや、どういった質問を受けたのかなど、契約後に発生したやり取りについても、記録を残しておきます。これは実際の裁判において重要な証拠となるものなので、きちんと厳重に保管し、すぐに見直せるように管理しています。

しかし、そうしていても訴訟が起こる場合もあります。記録は取っていても、その記録にある契約そのものが正しかったのか、矛盾していないのか、という問題です。顧客にとってあからさまに不利な状況であるにも関わらず契約をしていた場合、その点を指摘される場合があります。これは訴訟以前の、企業における顧客満足度にも関わってくる部分でもありますので、きちんと向き合う必要があります。本当にこの契約を行って良かったのだろうか、という振り返りは契約後も行う必要があります。そしてそういった契約が発生した場合、記録も有り契約したのだからと一蹴せず、顧客と向き合い改めて確認を行います。きちんと書類を用いて問題のない十分な説明で契約をするだけでなく、それ以前に顧客への配慮を行ってこそ、企業として信頼され、訴訟が起こる可能性も低くなるからです。企業として顧客に恥ずかしくない契約をしており、またその状況が分かるような証拠としての記録を保有する、それがエスケイ通信の集団訴訟対策になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 顧客ひとりひとりにおけるカスタマーサービスについて重要視される現代において、エスケイ通信は集団訴訟対…
  2. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
  3. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
ページ上部へ戻る