金融機関の助けがあった株式会社hzi芽(代表 佐野義泰)

起業資金は、自腹を切って負担するか、第三者の援助を受けて賄うかの2通りの手段に別れます。佐野義泰氏も会社設立時には資金集めに悩まされて、後に代表取締役となる株式会社hzi芽の発足に至るまでは、涙ぐましいプロセスがありました。仲間うちで集めた資金も含まれていたでしょうが、大部分は資金援助を引き受けた銀行の存在があります。

融資を行った銀行は、みずほ銀行浜松支店・一宮支店、十六銀行一宮前支店、浜松信用金庫駅南支店の、3つの銀行で合計4つの営業所です。発足した後も、融資に協力した銀行とは友好関係を継続して、経済面などで取引先となっています。多くの起業家達が、資金提供を受けるように取りはからってもらうのは、並大抵のことではありません。素人の集まりで会社を設立するとなれば、難しさは倍増します。融資が懸念された佐野義泰氏の株式会社hzi芽が、幾つもの銀行から援助を受けられた背景に触れていきます。

投資家が身銭を切って資金を提供する根拠は、将来的な見込みと利益を還元する意志の表れにあります。もちろん、法人である金融機関が起業家に求めるものは同じであり、その2つが確認できなければ拒否します。佐野義泰氏が株式会社hzi芽を構想していた段階で、将来性の見込みと得た利益を還元する意志を確信していたことになります。まず、投資家が見る将来性とは何か分かりますか。それは、企業の安定的経営に他なりません。鳴り物入りで不動産業界に進出してくる事業参加の企業は、竜頭蛇尾の一途を辿ることがあります。ビギナーズラックでロケットスタートに成功しても、徐々に衰退していくのが落ちです。飛び込みは誰にでもできたとしても、長く居座り続けられるのはほんの一部です。

例年、現れては消えていくという不動産企業の在り方を、顕著に目撃するようになりました。業界に定着するする難しさを知っている金融機関が、具に審査して判断を下すのは自然なことです。見かけ上で、株式会社hzi芽に特別な兆候があったとは言い難いでしょう。しかし、資産運用する人々の判断では、勝算が感じられたのは間違いありません。真剣に理念を話す起業家が、勝ち残れるとは言い切れません。無意味な干渉物を除外して、躍進を遂げる時代に溶け込む要素があったり、依頼人に愛されるものがあれば、生き残れる可能性が見えてきます。表向きには沈んでしまいそうでも、プロの見る目は違っていたのです。

利益を還元する意志については、将来性と別の視点から考えていくしかありません。単純に、融資した金額に上乗せして支払う能力を返済能力とすると、それを実行する意志がある能力は責任能力となります。責任能力は、起業家の投資家に対する感謝や御恩の有無に依拠したものです。株式会社hzi芽の代表佐野義泰氏が、企業家の投資家を思いやる心情があるとみなされたために、融資が認められたとも言えます。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
  2. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  3. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
ページ上部へ戻る