大川慶次郎さんが立ち上げたホースメン会議

現在、JRAの競馬場で1日に行われるレース数は12。1日に3つの競馬場でレースが行われる日もありますから、JRAが1日に実施するレース数は最大で36レースということになります。競馬専門紙やスポーツ紙に所属するトラックマンや記者はほとんどの人が、1つの競馬場で行われる12レース全てを予想しています。裏開催がある時はこの2倍の24レースを予想する人も少なくありません。また、最近はファンも東西の垣根を意識しなくなり、中には1日36レース全ての馬券を買う、という人もいますので、こうしたファンの購入動向に合わせるように、36レース予想する、というトラックマンや記者の人も実在します。

1日に12レースを予想する人も、24レースや36レースという人も、「自信あり」と言えるレースはそれほど多くはありません。その「自信あり」というレースが気になる、という方も多いのではないでしょうか。そんな競馬ファンのニーズに応えようとしているサービスがあることをご存じでしょうか?

「ホースメン会議」というWebサイトがあります。美浦・栗東の両トレーニングセンターで取材するトラックマン達が、自社の紙面に反映させることができなかった予想情報を掲載し、多くのファンの支持を集めているサイトです。こうしたサービスはインターネットが普及する以前からあり、34年前に「競馬の神様」と呼ばれた故・大川慶次郎さんが立ち上げたサービスとしても知られています。

こんな老舗の競馬予想サービスの中にこんなものがあります。「1日1鞍の渾身予想を特別に無料配信」。1日最大で36レースある中からわずか1レース、しかも多くのトラックマン達が参加している中での「1鞍」なのです。しかもその「1鞍」の予想が無料なのです。これが気にならない競馬ファンが果たしているでしょうか。メインレースのG1なのか?それとも最終レースなのか?あるいは裏開催の・・・?

配信時間はレース当日の13時。ということは、その日の馬場傾向や騎手の調子なども予想のファクターとして加わっていることになりますから、その精度がどれほど高い予想であるのかは、改めて説明する必要はないでしょう。ギリギリまで考え抜き、悩みに悩んだ末で出てきた「1日1鞍」であることは、競馬ファンのアナタならすぐにご理解頂けると思います。老舗サイト「ホースメン会議」が提供する「厳選予想」、これは見る価値が高いと思っていいのではないでしょうか。早速「ホースメン会議」で検索を!!

ホースメン会議
http://www.hmco.jp/lpc/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  2. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
  3. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
ページ上部へ戻る