金塚秀仁が過ごす日々

誰もが、栄養価の高い作物を求める時代、金塚秀仁の農業は、徐々に認知されています。彼はとても丁寧な作業をされる方で、自家製のネットを開発し、果物の破損を防いでいます。彼は、農薬をほぼ使わない、無農薬栽培にチャレンジしています。彼は熊本の地を愛しており、金塚秀仁は作物作りに情熱を燃やしています。金塚秀仁は無農薬以外の作物栽培も行っていますが、現在の主力は無農薬だそうです。農薬を使わないのは本当に大変ですが、品種を減らすことで、リスクを低減しているそうです。金塚秀仁は、特定の害虫に対する対策を行い、質の良い作物を育てています。

世間一般では、農業はお年寄りが行っているイメージです。金塚秀仁も、最初の頃はそう思っていました。しかし、農業を続けていくにつれ、日本全国で自分のような若い農家が増えていることや、若さは武器になることが判明しました。農業の低年齢化のため、彼は農業を積極的に推進しています。地元の若者を中心に、美味しい野菜を調理するキャンペーンや農業体験を行い、無農薬栽培の大切さを知らせています。皆が食べる野菜ですので、多くの方が興味や関心を持たれているとか。

野菜に関しては、色々な意見があります。おいしい野菜は多くの人が賛同しますが、好き嫌いもあります。彼は、どうやったらおいしい野菜を多くの人に届けられるかに苦心してきました。最近になって、彼は自作のレシピを提供することで、この問題が解決できることに気がつきました。レシピは彼のブログで公開されており、自由にダウンロード出来るそうです。彼は自分のレシピをもとに、実際に料理を作って、写真を投稿しているそうです。

熊本での数日間は、観光に費やしたそうです。最初は、何も持たない自分が非常に滑稽に思えたとか。次第に、地元の人の考えが伝わるようになり、自らの愚かさや過ちに気付けたそうです。そして、実家に帰ることにより、その思いを結実させたそうです。これからの時間を有効に活用するため、彼はシンプルな目標を設定しました。それは、「日本一の農家になること」です。あくまで目標ですので、現実味はありません。しかし、彼の目は輝いていました。

彼は、常に同じ作業をこなしています。彼は自分が知らない事を知ることで、自分の気持ちを整理しています。作物は図鑑で見るより大きく、ずっとたくましい印象を受けたそうです。彼は、これからの人生を考え、ずっと前向きに作業をされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
  2. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  3. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
ページ上部へ戻る