矢口敏和は公私共に充実している

矢口敏和は公私共にとても充実した生活を送っていますが、その秘訣はどうやらプライベートにあるようです。
矢口敏和は仕事でも、クライアント等から若いと指摘される事も多いようですが、プライベートにおいても年齢に負けない若さが感じられます。
彼は、幼い頃は乗馬を行っていたようで、かなりの腕前だったといえます。そして、40代になっても趣味程度にたしなんでいますが、近年は、乗馬よりも世間で人気急上昇中のボルダリングにハマっています。
もちろん彼自身の能力の高さがあるのですが、矢口敏和は元々体を動かす事が好きなようです。
ボルダリングというと、体力勝負なのだろうと思っている人も多いのですが、決してそのような事はありません。ボルダリングはおこなってみると分かるのですが、体力はもちろん、頭脳も必要です。考える力が必要なのですが、考える力は経験則によって得られるものなので、闇雲に考えた所でなかなか良い結果は得られないのです。

ですが、体力にも限界があります。自分自身の体力が残っているうちに考えなければなりません。このように、頭脳と体力の両方を使うボルダリングは矢口敏和にとってはライフワークとなっているようです。しかも、ボルダリングだけに飽き足らず、ロッククライミングにもチャレンジしたいと考えているようです。ボルダリングでは上級コースをこなすという彼ですが、当然その次をと思ったらロッククライミングになるのでしょう。

ボルダリングはクリアする道筋をある程度用意してくれていますし、安全面も保証されています。体力勝負ではありますが、安全面に配慮されているため、幅広い人が楽しんでいるジャンルでもあるのですが、ロッククライミングに関しては違います。ロッククライミングは、自然との闘いです。ボルダリングのように、その場で辞めたいと思っても状況次第ではむしろ辞める方が辛いケースさえあるのです。

自分自身の体力を常に冷静に考えなければなりません。ボルダリングであればある程度気合いや根性など、感情論が介在する部分もあるのですが、ロッククライミングに関しては別で、冷静な判断が必要になり、自分自身の体力やスキルを考えたら、無理をしてはならないケースさえあるのです。仕事同様、冷静な判断が求められるからこそ、興味があるようです。このように、矢口敏和のプライベートはとても充実しています。プライベートが充実しているからこそ、仕事にも集中出来るといえます。公私共に充実している矢口敏和だからこそ出来るというわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  2. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
  3. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
ページ上部へ戻る