池田高雄は管理職として活躍している

池田高雄は会社の管理職として活躍している方です。どのような会社でも長年勤めていると、しだいに管理職につくようになります。池田高雄も長く同じ会社で働き続けてきて、キャリアを積み重ねてきた結果として、その能力を認められて管理職の仕事につきました。

最初は管理職として仕事をすることに大きな戸惑いを感じていたようです。それまでは、与えられた役割をこなしていればそれで評価されたのが、管理職の場合は多くの部下達の仕事を管理しなければいけなくなります。それぞれの部下のことを気にかけて、能力や性格などを考慮しながら仕事を割り振らなければいけません。プロジェクトのリーダーとなれば、そのプロジェクトの進行度合いに応じて、色々な対応をしなければいけない場面も生じます。このような難しい作業を池田高雄は工夫を重ねながら今日まで乗り越えることができました。

池田高雄の勤めている会社はある程度規模が大きいため、管理しなければいけない部下の数も多かったようです。たくさんの部下を束ねることになるため、大きな責任を抱えることになり、管理職の仕事をしていて苦労をしてきた経験はたくさんあるようです。時には、管理職として働くことが嫌になったこともあるそうですが、自分には大きな責任がかかっていることを思い直して、今日まで管理職としての仕事をやり切ったのです。

池田高雄が管理職として大切にしてきたことは、やはり部下ときちんとコミュニケーションを取ることです。実際に話をしないと、それぞれの部下がどのような気持ちでいるのかを確かめることはできません。勝手な想像をしてしまったり、思い込みで判断してしまうと、部下は不満を感じてしまうでしょう。部下を上手く扱って、効率よく質の高い仕事をさせることが管理職の方に与えられた役割なのです。池田高雄は管理職としての責任をきちんと理解しており、管理職としての役割をこれまできちんと果たしてきました。そのため、社内では大きな信頼を集めるようになり、池田高雄のことを信用して部下達は懸命に仕事に取り組んでいます。

これからも池田高雄は管理職の仕事に命がけで取り組んでいくことを誓っています。管理職には色々と苦労する場面があるのですが、それ以上にやりがいがあり楽しさを見出だせることが多いようです。自分が上手く管理をした結果、一定の成果をあげることができた時の喜びは他では味わえないもののようです。池田高雄は管理職として大きな成功を収めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 顧客ひとりひとりにおけるカスタマーサービスについて重要視される現代において、エスケイ通信は集団訴訟対…
  2. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
  3. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
ページ上部へ戻る