弁護士としての大渕愛子

最近では、「弁護士」というよりも「テレビ番組に出演しているタレント」としての知名度の方が高くなっている大渕愛子ですが、彼女は弁護士です。決して弁護士を廃業してしまった訳ではなく、弁護士活動の合間にメディアに出演していますが、彼女の弁護士としての実績はテレビ番組で見せているおっとりとした彼女からは想像出来ない、「敏腕弁護士」との表現がぴったりな程なのです。

大渕愛子は、対中国関連の問題を担当する事が多かったため、そちらの方面での知識に自信があるようです。弁護士は満遍なく詳しいのではなく、自分の担当する案件をより掘り下げていきますので、自分の好みではなく、担当した仕事によって自分自身のスキルを掘り下げていく事になるのですが、中国関連の問題の彼女の的確に処理する能力は多くの人を助けてくれました。東京弁護士会に所属している彼女ですが、2001年から弁護士として活動しています。ちなみに彼女は1977年生まれになりますので、24歳の頃には弁護士として活動している事になります。

彼女が司法試験を突破した時は、いわゆる「旧司法試験」の時代で、現在の様に法科大学院もない時代でした。弁護士がまだまだ「狭き門」「国家資格の最高峰」と呼ばれていた時代ですが、その時代に司法試験を突破しているのですから、頭脳明晰なのは言うまでもありません。メディアに出演している大渕愛子だけを見ていると、正直そこまで頭の良い人ではないのではと思う人もいるかもしれません。美人ではあるものの、そこまで聡明ではないように思うかもしれませんが、そのような事はありません。彼女は2010年には独立し、自分自身の事務所を持っているのです。かつての得意ジャンルでもある国際的商取引関連や遺言、相続、ドメスティックバイオレンス、ストーカーなど様々な問題を解決してくれる弁護士として、多くの人から支持を集めているのです。

テレビ番組の大渕愛子だけを見ていると、まさか大渕愛子がそこまでの敏腕弁護士だと想像する事は難しいかもしれません。ですが彼女はテレビ番組ではテレビ番組の、弁護士の時には弁護士としての顔を持っていますので、弁護士として活動している時の彼女は法的見地から冷静な意見を述べ、依頼者にとって何がベストなのかを丁寧に明示してくれる敏腕弁護士になるのです。ある意味ギャップでもありますが、弁護士の仕事の時にはスイッチが入るのでしょう。スイッチが入っていない時の彼女はきっとメディア向きなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  2. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
  3. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
ページ上部へ戻る