北澤篤史の苦難の半生と、その先に掴んだ幸せ

北澤篤史は、大都市周辺の鄙びた郊外に暮らす北澤家の三人兄弟の次男として生を受けました。決して裕福な家庭ではありませんでしたが、特に不自由ない生活を送る穏やかな日々を過ごしていました。北澤家の三人兄弟は小学校・中学校・高校は全て地元で通い、他の兄弟が高校を卒業して就職したのに対し、北澤篤史だけは大都市にある国立大学に通うようになりました。通学に片道20キロはある道程でしたが、交通アクセスがあまり良くなかったことと、体を鍛えることに興味があった篤史はほぼ毎日マウンテンバイクで学校へ通っていました。

大学では格闘技部に所属していた北澤篤史は、大学を4年で卒業します。卒業後は遠く離れた都市の教育関係の企業で働くことになりましたが、営業中心の仕事に疑問を感じる日々が続きました。英語教育にも関心があったため、北澤篤史は一大決心をして2年で会社を退職し、地元に戻って通信制の大学で教員としての資格を取ることを決めます。そうして地元に戻り1年で教職の資格を得た直後、彼は突然不幸に見舞われてしまいます。

腰の調子が悪いなと思って行った整骨院ですぐに内科を受診するよう言い渡され、内科で詳しい検査をしてもらったところ、ガンであることが発覚したのです。元来は精巣ガンであったものが、発見された段階では肝臓にまで転移した末期の状態になっていたのです。若年性で珍しい事例であったため、高い医療が受けられる大学病院への入院が認められたのが不幸中の幸いでしたが、生存率10%以下という状況に家族一同「世界の終わり」といった沈鬱とした雰囲気に包まれてしまいました。

それを支えたのが、北澤篤史が大学時代に所属していた格闘技部の仲間たちです。常に足しげく病院に通って彼を勇気付ける様に、篤史だけでなく、家族の気持ちも前向きに転向していきました。その結果、長い抗がん剤治療の期間を要しましたが、篤史は低かった生存率を覆して見事生存を勝ち取ることができたのです。

ガンから生還した北澤篤史でしたが、彼にはまだ不幸が降り注ぎます。ガン生還から1年後に母親が脳卒中で倒れて帰らぬ人となり、そのさらに1年後に母を追うように父親も病に倒れて亡くなってしまいます。しかし、そのような中でも全く光明が無いわけではありませんでした。彼は地元の私立高校で見事英語の教員として採用されたのです。その後は5年生存率の低さも覆し、婚活パーティーで知り合った女性の家に婿養子に入ることになりました。そして結婚から7年で長女・次女・長男の3人の子宝に恵まれ、その後は末永く穏やかで幸せな日々を勝ち取ることができたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  2. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
  3. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
ページ上部へ戻る