人の役に立つ仕事を望む原田浩太郎

原田浩太郎という人物は地元の方からは割と知られた存在です。彼は地元の電気工事店で働く青年なのですが、堅物の社長とは違いあらゆる面で融通もききますし、何より誰かのために一生懸命になることができる青年なのです。ここでは原田浩太郎の幼い頃のことやエピソードについていくつかお伝えしていきましょう。

■明るく活発な少年時代

原田浩太郎は少年時代を元気で明るく過ごしてきました。彼の両親も二人ともとても明るい人でしたし、そんな両親からたっぷりと愛情を注がれて育った彼もまた明るく陽気な人間へと成長していったのです。
学校でも人気者で、女子からはもちろん男子からも人気が高かったそうです。通常、女子から人気のある男子は同姓から妬まれてしまうものですし、男子から人気のある者は女子からはそこまで魅力的に映らないものですが、彼の場合は男女関係なく好かれてしまうという不思議な魅力を持っていたのです。

■学生時代のエピソード

原田浩太郎の学生時代のエピソードとして欠かせないのはやはりあの事件でしょう。高校生時代、部活が終わって一人で帰っていた彼は偶然小学生の女の子が川でおぼれているのを発見してしまうのです。
前日の雨で増水した川でしたから勢いが強く、大人でも飛び込むのに躊躇しそうな川でしたが彼は恐れることなくその川に飛び込んでしまいます。また、泳ぎも得意だった彼は瞬く間に女の子を助けだし救出することに成功したのです。この件で彼は消防署や自治体からも表彰されましたし、学校からも表彰されたのです。

■電気工事士として活躍

原田浩太郎は現在電気工事を生業としていますが、彼の勤めている会社の社長はとても頭の固い人物で、営業時間を少しでも過ぎたら絶対に仕事を請けることはありませんでした。
地元の人間もそれを知っていますから、電機関連のことで困ったことがあった場合には会社に連絡するのでなく、直接原田に連絡するようにしているのです。彼は夜中だろうが朝方だろうが社長に内緒で仕事を請けてくれますし、社長にも上手く報告してくれます。そんな彼に助けられた人は決して少なくありません。

原田浩太郎は人のために役立つことをしたい、と常々言っているような人物です。学生時代には自身の危険も顧みずに川に飛び込んだくらいですから、その本質が理解できるでしょう。そんな彼のことを心から頼りにしている地域住民も大勢いますし、彼を慕っている人も非常に多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
  2. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
  3. 物が溢れている現代において、物販などで売上を伸ばすのはむずかしい時代になっています。しかしながら、販…
ページ上部へ戻る