会社員の後に仕事を辞めて旅行をした井上常明

井上常明という人がいます。彼は現在30代ですが、20代の大学生の頃から旅行に行くのが好きな人であり、日本国内はほとんどの地域を制覇済みで、さらに海外にも何度も旅行に行っています。

カンボジアにはシェムリアップという街があるのですが、遺跡観光の街ということもあり、訪れると時間がゆっくりと流れるような心地になります。人々に癒しを与えてくれる地域です。世界的にも小さな街ではありますが、注目されており、観光客向けのホテルやレストランがたくさんあり、外国人もたくさん訪れています。もちろん井上常明も訪れており、彼はこうした街をはじめとてもたくさんの魅力的な観光地に訪れているのです。

大学を卒業してから会社員になったとき、井上常明は新たに世界一周旅行をすることを夢見て貯金を始めます。もちろん、世界一周ですからコストがかなりかかります。その資金を貯めるために贅沢をせず、きちんと計画的に貯金の管理をして、それなりの時間がかかったわけですが、井上常明は旅行にかかる費用を貯めることに成功し、世界一周のための地盤を固めました。

ちなみに、井上常明は世界一周に行く際には、会社を辞めることを選択しています。普通ですと旅行に行く際には有休を使っていくことになると思いますが、会社を辞めることによって心行くまで旅行を楽しむということを選択したようです。このとき、井上常明はバックパッカーとして旅をすることを決めました。実際、ビザを取得することなどを考えたとき、かなり大変な面もあるのですが、そこは自由に旅行を楽しみたいという気持ちが優先されたのだと思います。

世界各地を巡った井上常明は、1年が経過した時に日本に帰国しています。この時、長期間海外にいて様々なことを吸収したのではないかと思われますが、その吸収した経験を活かして起業をしています。それは多国籍カフェの経営です。多国籍ということもあって、現在は多くの外国人が賑わう場所になっているのです。様々な国の人が賑わっている場所というのは、ありそうでないことが多いですから、井上常明がやったことはとても画期的であるといえるのです。多くの国を旅行した井上常明の経歴を知り訪れる人が多くいるのです。

キャリアブレイクから成功を収めることが出来た井上常明ですが、現在はこのキャリアアップの経験を是非本にしないかと言われているようです。それくらいの成功を収めているわけですが、そんな彼が今後はどのようなことをしてくれるのかはとても興味深いところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 顧客ひとりひとりにおけるカスタマーサービスについて重要視される現代において、エスケイ通信は集団訴訟対…
  2. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
  3. おそうじ革命 高崎店は、丁寧な仕事でハウスクリーニング 高崎を行っているお店です。お家の掃除について…
ページ上部へ戻る