レイコップを使ったママの感想

ふとんクリーナーの「レイコップ」が、妊娠中の女性やお子さんのいるご家庭に売れているということです。妊娠中は重たいものが持てませんから、ベランダへのふとん干しが難しかったりするのです。また、お子さんがいらっしゃれば、家の中のチリやホコリを取り除きたいと思う気持ちも強くなるでしょう。

レイコップには、「UVランプ・たたく・吸う」という3種類の機能が付いており、「UVランプ(紫外線)」を照射して除菌を行い、「たたき」機能で毎分4,000回の振動を与えて、ハウスダストやダニなどをたたき出した上で吸引します。さらに、最上位の機種になると、新技術の「ドライエアーブロー」でふとんを乾燥させることができます。

このレイコップを使ったママの感想であがっていたのは、「ドライエアーブロー機能を使うと、天日干ししたときのようにふとんが温かく、ふかふかになるのがうれしいです」、「操作が簡単で、クリーナーにぎっしりホコリが取れます。衛生面については、UVランプで除菌できるから安心です」というものでした。「ドライエアーブロー」というのは、レイコップの最上位モデルに新たに追加された機能です。ただ、布団乾燥機をお持ちの場合は、布団乾燥機を使った後でレイコップを使うことも可能でしょう。

また、「お手入れも、ダストボックスをはずして水洗いできるから簡単」とのことでした。妊娠中は、おなかが大きくなって身体が動かしにくくなるので、お手入れが簡単なことも大切なポイントです。レイコップは、ゴミが入ったままの状態で水洗いする方式を取っています。なぜ、このような方式かというと、ゴミを捨てる時点でチリやホコリが空中に拡散するおそれがあるからで、それを防ぐのが目的です。ゴミ捨てひとつにしても、考え抜かれた設計をしています。

レイコップには、「スタンダードモデル・エントリーモデル・最上位モデル」の3つのモデルがあり、スタンダードモデルが重さ2.3kgなのに対して、エントリーモデルは1.95kgと軽くなっています。レイコップは、床の上を掃除するように作られている従来の掃除機とは異なり、ふとんの上を掃除しますから、本体の重量と吸引力、動かしやすさのバランスを精巧に考えて作られています。普通の掃除機はふとんのような布類を掃除するのに不向きな構造ですが、レイコップの場合はふとんの表面に適度にくっつくから、妊娠中のママでもスムーズに掃除をすることができるでしょう。

レイコップ・ジャパン株式会社
http://women.benesse.ne.jp/cos/common/raycop/index02.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 株式会社フヨウサキナは、北海道札幌市に本社を構える、美容器具、化粧品販売、健康食品等卸販売企業です。…
  2. 顧客ひとりひとりにおけるカスタマーサービスについて重要視される現代において、エス&ケイ(株)は集団訴…
  3. アーキジャパンは建設業を中心としたアウトソーシング事業をおこなっています。アウトソーシングとは外部(…
ページ上部へ戻る